スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しかったことについて。

バカンスが終わりました。

音楽祭から更新してなかったなー。
反省。
いろんなことがありました。

書きたいことがいっぱいあったんだけど、忘れたいこともあったりして、でも楽しかったことを楽しかったテンションで書いてしまうということも、違う気がした。
忘れたかった悲しかったことも書かないと、公平な記録にはならないなーと思ったり。
誰に対してって、、自己満足なだけですが。
そもそも公平な記録は書けてないけど。
まぁ気構えとして。
良かったことしか書かないのは嘘だと思うし。

というかただただ楽しかったことも書く気になれなかったというだけですが。
でも、楽しかったこと以外のことも伝えたかったのです。
そう、順番として、それを書いてから楽しかったことを書きたかったのかな。
そして、それを書く準備ができたから今日これを書こうとできているのだと思います。
ちょっと時間が経って、落ち着いたかな。


ラマダン(断食)が終わって、コリテがありました。
8月の最後の日でした。
コリテとは、ラマダン明けをお祝いするお祭りで、丸一日暴食する日です。
そして綺麗な服を着て、親戚や友達に挨拶回りをします。

その日、うちのマダムは出産しました。
コリテの前日にたぶんおしるしのようなものがあり、入院。
そして陣痛誘発などを行いながら丸一日病院にいました。
私たち家族は家でコリテの料理をしながら、マダムの様子を聞いたり、食事を届けたり、1日中そわそわ。
コリテどころではありません。
夕方、ようやく赤ん坊が生まれました!
男の子です。
マダムには女の子が1人だけいます。
結婚してきっと5年以上くらい経ってからやっとできた女の子、ファティマタです。
ファティマタの前も妊娠することは何度かあったようなのですが、なかなかうまく育たず、やっとできたのがファティマタ。
そして、コリテの日、待ちに待った男の子を出産。
ようやくの2人目。

しかし、頑張って生まれてきた男の子は元気とは言えませんでした。
産声がか細く、生まれてくるという大仕事でもう疲れきっていました。
出産後、すぐ州病院に移動し、酸素供給を行いました。
州病院とはいってもカフリンの州病院は設備が整ってはいません。
そこで、そのまま1時間先の中都市、カオラックへ移動。
そこで処置を行うことに。

もう夜でした。
Diaw夫妻はカオラックへ行き、私たちはみんなで家で待機することになりました。

あんまり丈夫な子じゃないんだなー。

私はそのくらいにしか思わなかった私は翌日早朝の訃報に愕然としました。

そんなに簡単なのか。
というのは間違っているかもしれません。
だけど、そんな話、私はこれまで身近に聞いたことがありませんでした。
日本だとほとんどの場合、どうにか助かるのではないでしょうか。
生まれてきているのです。
ちゃんと、生きて。

出産後も、みんなそんな深刻そうに見えなかった。
「おめでとう」って言ったら、喜んでたし。

ほんとにきつねにつままれたようでした。

ずっと大事にしてきて、やっと生まれた待望の赤ちゃんなのに。

昼過ぎにDiaw夫妻は帰ってきました。
赤ちゃんはもう既にカオラックで埋葬してきたということでした。
名前もない赤ちゃん。
幸か不幸か、たまたま私がカメラを病院に持って行ってなかったから、写真の1枚もありません。
お墓参りすることはあるんだろうか。

そして続いていく日常。
セネガル人は何があっても日常を続けていきます。
何事もなかったように。
それはそうする努力をしているということも分かってきました。
敢えて普段と変わらない生活を続けていくことで、深刻になりすぎないようにするのです。
何故なら、こういうことはそんなに珍しいことではないから。
いちいち深刻になってしまっていては身が持たないのかもしれない。

なかったことにしたいのかどうかはわかりません。
しかし、悲しみに飲み込まれないよう、悲しみを日常に飲み込ませて日々を過ごすのです。
人と一緒に時間を過ごし、悲しみを分け合って、徐々に笑い話を混ぜながら、数日後には何もなかったかのように。
日本でする法事のようなことはしないし。
日々のお祈りの中で祈っているのかもしれませんが。
何もなかったかのようになってしまいます。

ほんとにこんなことは珍しくないのでしょう。
その約10日後、配属先の上司でDiawと同じ立場にあるSakhoさんの4歳の息子が亡くなりました。
病気だったのが、旅先のマリで悪化したようです。

私には全くこういうことに耐性がなくて、、どうにも頭が切り替わらなかった。
自分の赤ちゃんを亡くしたマダムががんばってるのに、私はこの現状が嫌になって逃げたかった。
ここにいるのが嫌になったのです。
そんな現実がゴロゴロしているこの国に嫌気がさしたというか。
そしてそれをなかったことのようにしてしまえるセネガル人の鈍さにもイライラした。
C’est la vie.(それが人生だ、とか、仕方ないという意味)と言って。
彼らが必死で悲しまないようにしようとしていることも分かっていながら。
その鈍さも必然で、生きる知恵だとも思うけど。
忘れることが簡単そうに見えることが嫌だったり。
情けない。
自分勝手な話です。
私は何もできないくせに。

そして、ラマダン中、臨月のマダムが断食するのを止められなかった後悔も大きい。
もし、赤ちゃんの栄養状態が良ければ、もう少し体力があったかもしれない。
もっと本気で止めていれば良かった。

それから、「猫は不運を運んでくるって言うんだ、この国では」と言われたこと。
うちの猫のちーちゃんはいつもDiaw家にいます。
そんなに本気で嫌がられてなかったのをいいことに、甘えすぎました。
セネガル人は体中にお守りを付けて歩く程に心配性です。
いろんな物事から自分を守ろうとしています。
そんな彼らに、「不運を運ぶ」と言われる猫を身近に置いてしまった私。
猫が嫌われているのは知っていましたが、不運を運んでくるということは知らなかった。
責任を感じざるを得ません。
猫のせいかどうか、という話ではなく、私が不安要素を増やしていたということがショックだった。

私いない方がいいな、と思った。
いても何の役にも立たないし。


今はもう、そんなこと思いません。
整理ついた気がする。


うーん、、、ぐちゃぐちゃマイナスなことを書いてすみません。
読んでくれてありがとうございました。

要は、待望の赤ちゃんが残念だったので、悲しかったというお話でした。

音楽祭♪

どうも。

先週末、お隣の町、カオラックで他の隊員たちと音楽祭を行いました!
ちょっとしたバンドを結成し、セネガルで人気ミュージシャンの曲あり、ビートルズあり。
ゆずの夏色や、三線で島歌などとってもバラエティに富んだ曲目を演奏。
ラマダン中だからお客さんが集まるかなーと結構心配しましたが、開始時間は押したものの、無事大盛況!

私はトランペットを演奏!
持ってきたはいいけど、なかなか練習する機会もなかったのですが、今回日の目を見た!
DSCF8558.jpg

にわか仕込みなので、満足のいく演奏はできませんでしたが、すごくいい機会だった。
続けていきます。
年末はカフリンでクリスマスコンサートしたいな♪

一番かっこよかったのは、やっぱりルパン3世のテーマ!
ビッグバンドっぽくてよかった。DSCF8555.jpg
もっと上手にトランペット吹けたらもっとかっこよかったのに・・・!
カフリンコンサートに向けてしっかり練習します。

IMG_2900.jpg          DSCF8548.jpg
                    セネガル布で浴衣作ってみました。
うーん、バカンス充実してるなっ!!

キャンプが終わり、ラマダン突入!

キャンプから帰ってきました。
っていう日記を一回書いたはずなのに、アップされていない・・・!
ショックです。

というわけで、もう一度書いています。

いや~楽しかったです。
2週間参加させていただきました。

最初は、まーお手伝いくらいだろうな、と思っていたのですが、ばっちり子どもを任されて、仕事しました。
いいのか、偶然来た見知らぬ日本人に任せて、、と思いましたが・・・。
私が任せてもらったのは、5,6歳のちびっ子たち。
最初の週はスポーツ習慣だったので、簡単な運動をしたり。
メインでやったのは「中あて」です。
ドッヂボールの簡単なやつ。
円の中にいる人を外の人が当てるという、単純なゲーム。
ちびっ子なので、ボールを転がして当てる「転がしドッヂ」で十分楽しめました。

毎日同じ子どもと接するということが、こっちに来てからなかったので、とても勉強になりました。
しかも私がボス。
担任の先生の立場ですね。

小学校の先生には向いてないだろうなーとずっと思ってたのですが、やってみると、すごく楽しかった。
やっぱり帰ったら先生、挑戦しようかな。

子どもめっちゃ可愛かった。
IMGP2345.jpg
甘えん坊ですぐ泣くやんちゃ坊主、ゼラ(左)とちょっと抜けてるパピー(右)

次の週は言語週間ということで、英語と日本語を子どもたちに教えました。
英語や日本語の歌を歌ったり。
あいさつ程度はみんな言えるようになりました。

あと、日本の遊びということで、「だるまさんがころんだ」をやりました。
双子ちゃんがいて、すごいかしこい子たちなんですが、二人でピタッと止まってるのが可愛かった。
IMGP2625.jpg

みんな上手に「だるまさんがころんだ」が言えるようになりました。


セネガルは基本大人社会です。
というか権力社会?
強者中心社会?
弱肉強食ではないです。みんな助け合うし。
そう、そんな大人中心社会のセネガルにおいて、「子ども中心」を徹底しようとしているYMCAのキャンプはとても意味があると思いました。
それを見れたことでも今回参加して良かったと思う。
私が普段働いている学校においてさえ、子どもはよく放置されているし、学ぶ権利が守られていないなぁと思う場面が結構あります。
例えば先生が朝食を食べている時間、子どもが放置されていたり。
先生の忘れ物を子どもが先生の家まで取りに行っていたり。
ほんと、、まぁそれが当たり前の社会だからなんとも言えません。

このキャンプでは、やっぱりセネガルだなぁと思う点はありましたが(行き当たりばったりだったり、その場しのぎだったり)この国においてしっかり子どものために活動をしているといことは、本当に素晴らしいことです。
セネガルの教育もいい方向にいくだろうな。
IMGP2632.jpg          IMGP2637.jpg
私が担当していた子どもたち。    YMCAスタッフと地元スタッフと私たち。


さて、キャンプが終わって帰ってきました。
キャンプがあった場所、クルムッサはクリスチャンの村。
というわけで、ラマダンからは逃れることができていたのですが、、、
カフリンはラマダン真っ只中。
Diawんちもお昼ごはんないし。
どこに行っても「ヤンギウォール?(ラマダンしてる?)」のプレッシャーにあいます。
夜、月を見ながら、何日経過、と思います。
夜になって今日の断食が終了する瞬間は好きだな。
なんだかとても神聖です。

そう、最近気づいたんですが、ラマダンって究極の贅沢なのかもしれない。
「ラマダン、贅沢論」
次回に続く。

キャンプ中!

体調はすっかり治り、今はキャンプに来ています。

キャンプといってもいわゆるテント系ではなく、毎日なんかのアクティビティをしようぜっていう、林間学校的なものです。
日本にもあるYMCAという団体が主催しているもので、フランス人も来ています。
今週1週間と、再来週の1週間、参加することになりました。

対象はキャンプ地であるクルムッサという村の子どもたち。
IMGP2348.jpg

日帰りのデイキャンプで、泊まり込んでいるのは私たちスタッフだけなので、まぁ楽なもんです。
個室もあって、快適空間。
フランス人との異文化交流付き。
DSCN1910.jpg

いやー自分が外国人として胸を張っていていい状況っていうのはほんと有り難い、と思ったりする。
地元カフリンにいると、なんかどうしても周りの人と違う部分を見せることに抵抗があったり、あんまり目立たないようにというのもあるし。
何がってわけじゃないんですが。
例えばジュースを人前で飲んだりとか。
小さいことですが、地元ではできません。
子どもたちに買ってって言われるし、近所の人からお金の相談を受ける。
相談なんて生易しいものではない、「お金あるじゃん、くれ」攻撃。
あと、Diaw家は私の家族だから、1人で勝手に買い食いして、家族とそのジュースを分け合わないなんてできない。
セネガルの家族の考え方としては合わない。
1人で買うのはいいんですが。
お客さんが来たりすれば買ってみんなで分けて飲んだりはするし。
1人で1人分買って飲んでるのがなんだか引け目を感じるのです。

みんなですれば怖くない、じゃないけど。
けど、外国人(自分側の人間)が多いというのは安心しますね。
うーん、こうして考えてみると情けない話だな。
もっと堂々と違っている自分を認めてもらえるよう努力すればいいんだろうか。
でも生活する中ではほんとにいろんなことを考えてしまって難しい。

考えすぎだ、とよく人には言われますが。


7月7日、うちで七夕をしました。
Diaw家のセイナボが今年、中学卒業試験なので、合格祈願を書いたり。
みんなに見られると恥ずかしいから日本語で書いてって。
P7070211.jpg

ベベのファティマタは上手に歩けるようになりたいって書いて。

そう!この間ファティマタが歩けるようになった!!!
私がいなかった間だったんだけど。
帰ったら歩けるようになっててほんとに嬉しかった。
だって11月生まれでもう1歳7ヶ月くらいだったのにあるけなくてすごく心配してたんです。
ほんとに良かった・・・。安心。
もうすぐマダムにもう1人子どもが生まれます。
8月末が予定日。
出産前に歩けるようになって、マダムもホッとしているようです。

もう1人のファトゥーは素敵な夫が欲しいらしい。
私もめっちゃ欲しいし!!笑
P7070207.jpg


バカンス、モロッコ旅行なんかも考えましたが、とりあえずセネガルで楽しいこと見つけて生活しようかな。
またキャンプ報告します。

フィーバーッ!!

ここ3日ほど、熱が出てちょっとしんどいです。

昨日、どうも解熱剤を飲んでも熱が下がらないので、もしや、、、噂のアレか!?と思い、近所の病院に行ってきました。

結構簡単、マラリア検査。
検査キットに血をタラリと垂らし、待つこと5分ほど。
結果は陰性。
ひゃっほい!

ほっとしたのですが、やはりこちらの病院の受け答えやらなんやらにイライラ。
こっちは病人だ、しんどいんだぞ、と思わされます。
まず受付というものが存在せず、おばちゃんたちがだべっている部屋に入りマラリアの検査がしたい旨を伝えました。
そしてウォロフ語(現地語)がなんでできないんだ、今日は土曜日なのになんで来たんだ(じゃあ閉めといてくれ)ということをひとしきり責められ・・・。
まぁ無事検査はしてもらえましたが。
そして処方箋のようなものをくれ、それを別の人に渡したら薬を出してもらえるということだったのですが、その人が外出してて、その人しかその薬を出せないみたいで、もう一度出直して来いと言われ、そして3度出直して来てやっとその人に会えました。
しかも、ちょっとしたことですが、書類を渡そうとしたときにお互い1mちょっとの距離にいて、私が座っていて彼女が立っていたのですが、その書類を渡すときに私に立たせて持って来させるという日本では考えられない感じ。
2歩程度の距離に立っているくせに高熱の私を立たせて2歩歩かせるのか。。。
日常だと当たり前です、セネガル人。
めんどくさがり。
慣れたけどさ。
だけども病院で、自分が病人としてそれをやられるとムカつきますね。
しかも3度出直させられた挙句。

しかし、まぁよく考えると土曜日なのに、好意で検査とか薬の処方とかやってくれたのかな、と思わないこともないし、それはとても有り難かったです。
私自身も感じ悪くなってたなと反省しました。

でもほんと、これは声を大にして言いたいが、私は24時間365日『愛想のいい外国人ハディ・サル』ではいられん!!
時には不機嫌なときもあるし、病気のときはなおさらです。

昨日は土曜日で、隣の家の屋上で夜中中朝まで爆音で音楽を流していました。
勘弁してくれ・・・。
よっぽどなんか言おうかと思ったけど。
よくやってます。
野外クラブ。
楽しいのはわかる。
確かにここ娯楽ないし。することない。
でも朝5時まで住宅街でやるのはどうかと。

仕方がないので、イヤホンで『嫌われ松子の一生』を見てました。
初めて見たけど実にクオリティの高いエンターテイメント映画です。
面白かった。
しかし、松子に感情移入してしまうとあれはちょっとしたホラーでした。
人生って紙一重だわ。
恐ろしい。
よくできた映画です。

まだ頭痛いし熱あります。
早く直るといいな。
プロフィール

morimasako

Author:morimasako
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。