スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の問題。

最近活動写真をちゃんと撮ることに目覚めました。
この間帰った隊員が三脚をくれたのです。

「任地に1人しかいないから必要でしょ」と。

確かに自分が授業をしている写真はほんと撮るのが難しい。
任地に何人かいると、お互いに撮り合うことができるんですが。
セネガル人に撮ってもらっても、なかなかいいのは撮れないし。
扱い慣れていないんですね。

というわけで、昨日から挑戦してます。三脚。
でもこれが難しい。
子どもがカメラ意識しちゃって。。。
私もですが。
カメラが回っているといい授業にならない。
逆にカメラをセットしていないときに限って自分がいい授業をしているのがわかる。笑
難しいですね。

今日はカフリンから1kmくらいのルゲ村の小学校に行ってきました。
DSCN2611.jpg

この子たちは入学したばかりの1年生。
めっちゃちっちゃくて可愛い!!
フランス語なんて全くわかりません。
しかもこの村は、2つの民族が一緒に暮らしています。
なので子どもたちの母語が2種類。
セネガルで最もメジャーなウォロフ語と、少数派のバンバラ語。
私はいつも小さい子どもに対してはウォロフ語で授業をしています。
しかし、子どもにウォロフ語まで通じないとなると、、、厳しい!!
もうどうしていいかわかりません。

でも考えてみると、最初はウォロフ語なんてわからなかったし、それでもがんばってフランス語で小さい子にも授業をしていたな。
ウォロフ語に慣れちゃってたんですね。
そういう私の変化もあります。

しかし、根本的な問題として。
子どもは本当に1年生から知らない言葉での授業を受けます。
日本じゃ考えられないこの状況。
語学ができないと、何も学ぶことができない、このシステム。
算数の授業もフランス語だから、そもそもフランス語ができないと算数もわかりません。。
そして多民族社会。
私が住んでいる地域の大体の子どもたちはウォロフ語がわかります。
公用語としてフランス語があって、そして生活言語がウォロフ語。
違う民族だったとしても、大体の人は共通語としてウォロフ語を使用しています。
でも村落部で、民族で固まって生活しているところでは、ウォロフ語が生活言語ではないです。
子どもたちは小学校に入って、友達とウォロフ語を話さなければならない状況になり、授業をフランス語で受けるという。
私たちからすると、とてもヘビーな環境です。
ほんとに同じ民族ばかりで固まって暮らしている地域は、ウォロフ以外の言語が生活言語になっているので問題ないですが、ウォロフが強い地域の少数民族は大変。

でもこちらの子どもたちからすると当たり前。
子どもだし、生活言語はすぐ覚えます。

でもフランス語は、、、難しいですね。
生活で使わないから。
でもフランス語ができるようにならないと、この国でいい仕事にはつけない。
そしてきっと、ウォロフ語ができない人たちは、他の地域での生活が大変。

日本ではあまり意識することのない言語問題でした。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

morimasako

Author:morimasako
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。