スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月ももう終わります。

昨日カフリンから5kmの村に行ってきました。
疲れた。
最近自分が体力の限界に挑戦しているのではないかと思うことがよくあります。

こんな写真しか撮れなかった。
写真を撮ってもらうのは難しい。
タイミングとか。大抵ぶれるし。まだマシな写真です。

帰りにいつも行ってる学校の先生にばったり会って、家にちょっと寄りました。
そしていつもどうしてその話になるのかわからないけど、一夫多妻制の話になりました。
なんかこの話ばっかり書いてるな。
だってやっぱり理解しがたい。
そこにいた人に、「2番目の奥さんにならないか」と言われたから思いっきり否定しました。
みんな軽々しくそんな話をします。
冗談なんですけどね。
しかも1番目の奥さんは15歳です。
その人は40歳。
日本の常識で考えると・・・犯罪です。
ただのロリコン親父です。
でもセネガルでは普通。
「どうして嫌なんだ。1番目の奥さんが怖いのか」
「あなたはやきもち焼きなんだろう」と。
そういう問題じゃありません。
そういう問題じゃないのに、そんな風に私の欠点のように言われると腹が立ちます。
「私の国ではそれは普通のことではない」と頑張って説明します。
「私の国では夫婦2人が助け合い、お互いだけを唯一の伴侶として愛するんだよ。夫を他の奥さんと分け合うなんてありえないし、私は考えられない」
「もし私の夫が何人も奥さんを持つなら、私だって何人も夫を持つ。それは平等じゃない」と言って反論します。
この国は平等が当たり前ではないので、彼らは理解ができません。
「平等なんてありえないんだよ。手の指は全部同じ長さじゃないだろう」だって。
「平等であることは難しいかもしれない。だけど、できるだけ平等を目指して努力することはできるんじゃないか。そうして努力することが大切なんじゃないかと思う」って言います。
会話はどこまでいっても平行線です。

彼らはこんなディスカッションが大好きです。
理解し合うというよりは、自分の意見を述べることが好きなのです。
そして歩み寄ることはあまりせず、相手を自分側に取り込もうとします。
そもそも外国人にセネガル名をつけるっていうのもそんな感じがします。
相手の生まれ持った名前を尊重しないで自分たちの文化に合う名前をつけてそれで呼ぶっていうのはちょっと自分本位なんじゃないかな。
まあ彼ら的にはホスピタリティの一環なんだと思いますが。
ハディは可愛いし、気に入ってるからいいけど。


ところで、最近学校給食みたいなのがあります。
きっと年度末だから学校に配られている給食用食材を消費しないといけないんでしょう。
セネガルの小学校に休み時間は11時から30分だけあります。
日本のようなこまめな休憩時間はありません。
8時から11時まで授業、そして11時半から1時まで。
その休憩時間前後に給食が小さい学年から配られていきます。
そうすると授業を中断して給食を食べます。

今日休憩時間の後に授業を始めた後に給食が配られたのですが、担任の先生は子どもたちに私の授業が終わってから食べなさいと指示しました。
目の前に食べるものがあったら集中できないと思うし、それはどうかと思いましたが、まあそれはその先生がそう言うから仕方ないなーと思って授業を続けました。
しばらくして先生が「私たちの分を食べに行こう」と言ってきました。
子どもにはおあずけさせて私たち教員は食べるといういかにもセネガルらしい。
大人優先社会です。
大人はやりたい放題、子どもは我慢。
いつもそんな感じです。
そう、強者優先社会。
道でも人より車優先だし。
まあそれならそれで、と思って食べに行っている間に子どもたちに食べるよう指示しようと言うと、子どもたちは授業が終わった後食べるからいいって。
「静かに待っていなさい」だって。
びっくりしました。
私たちは食べるのに子どもはおあずけさせた上に、私たちが食べている間何もせず静かに待て、と。
そこにどんな意味や教育的効果があるのでしょう。
時間も無駄にするし。
そう、時間を効率的に使うっていう能力がこの国の人は極端に低い気がする。
時間はなんとなくそこに流れているもので、効率的に使うものという概念がないみたいです。
でもこっちの子どもたちは子どもたちで強い。
私たちが食べて戻ってくると、何もなかったかのような顔をして、ちゃんと口はもぐもぐしていました。
逞しいですね。
理不尽なことが多く、物事の一貫性がないから、セネガル人は自分の頭で判断して動くっていうことができるんでしょうね。
日本の子どもだったら、先生がこう言ったからっておとなしく待つ場面でしょうが、セネガルの子どもは今がチャンスとばかりにしっかり食べます。
ばれたらばれた時のことです。
だからセネガル人ってこうなんだなーって思います。
自分勝手にチャンスを掴む能力に長けているというか。
利用できるものは利用するというか。
教育の結果ですね。
理不尽な目に遭うことに慣れているのです。


とりあえず1週間終わりました。
明日は仲良くなれそうな先生に昼食に招待されています。
楽しみだな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

まちゃこ
この間投稿してようとしたけど、できなかった。なぜ?
思うに、
私だったら「ふふ~んっ」って異文化だあぁと流してしまいがちなところをまちゃこは毎回本気で考えて本気で返してるけど、疲れへん?!
セネガル人にとって私らに触れることがはじめての異文化体験だったりするわけだし、まして大人の頭はもうカチカチに固いから。

説明しても無駄って言ってるのではなくて、
セネガル人の考えをも受け入れつつ、自分の考えも伝えることが大事だと思う!

てか、まちゃこアクティブでうらやましい(><)




No title

「平等なんてありえないんだよ。手の指は全部同じ長さじゃないだろう」
って
理解出来そうで全然できなーい!!

身体、丈夫に。
プロフィール

morimasako

Author:morimasako
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。