スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶひひひひ。

豚を絞めました!!!

いや、私じゃないんですが。
みんなで。

豚祭りです。

ここ、セネガルはイスラム教圏。
基本的に豚は食べません。
でもクリスチャンが少しはいて、彼らは豚を食べるので豚を手に入れることはできます。
でも豚の切り身なんて買えない。
食べたければ一頭買って絞めるしかない!

というわけで、同期隊員yodai企画での豚祭りに参加してきました。
彼が住むのはセネガルの南、ガンビアとの国境沿いの地域です。
彼の家に11人の有志が集まっての豚祭りです。
写真がないのが残念。
私のデジカメはバッテリーが切れてて、今度みんなに写真のデータをもらう予定。

朝始まった解体作業。
私はちょうど買い物に出ていて、絞めた瞬間は見れなかったのですが。
そして腹を裂き、内臓を取り出し、1品目、レバー炒め。
塩コショウとごま油で食べたのですが、なんとも美味。
生で食べるのはさすがに怖くてやめました。

そして2品目はハツ(心臓)の塩コショウ炒め。
3品目はハツとレバーの血煮込み。豚の血で煮込みます。味付けはコショウのみ。
豚の血の中に塩分があるので、塩は必要ないのね。
あと、大腸もきれいに洗って炒めて食べたよ。

まだまだ解体は続きます。

次に豚ちゃんの両足を切断。
Yodaiがまた上手なのです。関節や筋肉の間をうまく切ります。
そして毛を炙る。豚の毛がなかなかとれないのね。
毛を炙ってから、皮をはいだり肉をとったり。試行錯誤。

それから炭火で肉を焼いて食べたり、あばら骨もスペアリブですよ!
美味しかったな~!!

そうしてるうちに出てきた小さい肉片や筋の部分などの雑魚肉は、ミンチにしました。
ミンチにする機械をその日の朝買ったのね。
機械といっても手動ですが。

それからミンチを使ってシュウマイ!
それがまた美味しい。
それから豚の小腸に味付けしてバジルの葉も混ぜたミンチを詰めて、ソーセージ作り!
ほんとの腸詰めですよ。すごい。

それから、メインは豚カツ!!
パン粉もパンをおろし器でおろしてフライパンで炒って作ったよ。
揚げたてを大根おろしとレモン醤油に絡ませて…!
これがなんとも絶品!
豚カツはほんと、テンション最高潮でした。

昼から深夜まで、みんなよく働くしよく食べる、そしてよく飲む、、ほんとすごい。
解体を進めながら出た肉をいろいろ調理して、できては食べ、作業を続け、っていうのが深夜まで続きました。

そして隣の鍋では豚骨スープをコトコト煮ている!

協力隊ってすごい。みんなそれぞれに何かしら働いて技を発揮しているし、楽しもうって力もすごい。パワーがある。
そして、後半豚の解体を延々続けていたのは女子2名です。
Yodaiが食べたがっていた豚の目玉をえぐり出したのも彼女たち。
女性隊員は強い。

あ、脳みそも茹でて食べました。
なんか魚の白子みたい。美味しかった。

深夜にはベーコン作りも行われました。
チップはここでは道端に山積みになっていたりする、落花生の殻です。
Yodaiは燻製用ドラム缶を庭に置いているすごい人です。
豚の解体は2度目で、前回は全部ベーコンにしたらしい。

ほんとは1週間塩漬けにしてから燻製にしなきゃいけないらしいけど、早く食べたいので塩漬けにした肉のちょっとだけをその夜燻製にしました。
1週間後に残りの肉をまた燻製にするらしいよ。
すごいです。

そして朝、そのできたベーコンを使って、ベーコンエッグ!
そして豚骨スープを使って雑炊を作って食べました。

とまぁ、なんとも盛りだくさんな豚祭りでした。

ほんとに、めちゃくちゃすっごく楽しかったし、美味しかったし、よく食べ、よく飲みました。
そう、その地域で手に入るガンビアビールがまた美味しかった!
モンドセレクション5回受賞の逸品です。

贅沢な豚祭りでした。
またやりたいな。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:morimasako
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。